2019年04月17日

青山繁晴【虎ノ門ニュース】



青山繁晴さんが、さまざまな形で抵抗しても、それでも移民法は実現してしまいました。
日本は今、人手不足のままにしておくべきなのです。
かつて、高度経済成長の時代にも今以上の人手不足がありましたが
外国人労働者を入れない状態でこれを乗り切ました。
その結果、日本はGDPがどんどん成長して世界第二位の経済大国になりました。
人手不足は賃金をあげ、技術を革新し生産性向上を招くということなのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

不安ノ解体 ぼくらの哲学 2 [ 青山繁晴 ]
価格:1500円(税込、送料無料) (2019/4/17時点)


タグ:青山繁晴
posted by 青山 at 23:09| 青山繁晴

2018年12月30日

安倍政権が性急に進める「移民解禁」

安倍政権が進める「移民解禁」や「規制緩和」を見て、将来の「外国人地方参政権」をも私たちは、心配していかねばならない状況になってきました。安倍晋三総理は何を考えているのか。

【青山繁晴】移民の先には外国人参政権か?安倍総理への不信感に答える−後編[桜H30/12/7]

posted by 青山 at 01:30| 青山繁晴

2016年12月26日

「戦争と革命」から「破壊と創造」の時代へ

1848年に共産党宣言というものがマルクスによって出されました。
これが発端となりロシア革命が起こり、中国も共産化しその配下となり、
20世紀はまさに戦争と革命の世紀であったと青山繁晴さんは
述べています。21世紀はどうなるでしょうか。
「戦争と革命」の世紀に対して、「破壊と創造」の世紀であると
述べています。EUが破壊され、アメリカもトランプ大統領出現により、
アメリカによる一極支配も破壊されようとしています。
そして、これからの世界はどうなるのでしょうか。
このお話をぜひご覧ください。


タグ:青山繁晴
posted by 青山 at 23:58| 青山繁晴